じじの黄色いバラ

春にバラ園に行ったとき、夫にどのバラが好きかと尋ねたら「バラは黄色か赤じゃろう」という返事。
我が家のバラはピンクと薄紫だけなので「じゃあ黄色いバラの苗買って帰る?」と聞いたら珍しく「買って帰ろう」と言う。
家に帰っても育て方の手引きを熱心に読んで、ポットのまま花壇に植えてくれた。
夏の間も毎日水をやってくれて、秋の花が咲いた。夫は喜んで熱心に眺めている。
こんな小さな苗です。
a0234413_20243225.jpg

でも、澄んだ秋の空気に映えて清々しい。
a0234413_20273319.jpg

「11月ごろに植え替えすると書いてある。」夫は張り切っている。自分のバラだと思っているらしい。
「冬の選定と肥料が大事なんよ。」「あんたやってんか。」
ご自分でなさればいいのに。
でも、来年の春、枝がたくさん伸びて花がたくさん咲いたら可愛いだろうな。我が家には珍しく「はっきりした色の花」なので大切に育てたいと思う。
[PR]
by tyartyan | 2011-10-04 20:39 | 花に寄せて
<< 散歩道の花 曼珠沙華 >>