母のいない春

 早いものでもう3月になりました。
半年もブログをお休みしてしまいました。
去年の9月に母が手術を受けて、その回復期に妹と交代で数日ずつ実家に泊まりこむ生活をしていました。
しばらくしてかなり元気になってきたのでそのまま普通の暮らしができるかと喜んでいましたが、11月に再び症状が悪化、12月15日に再手術、また元気になって家に帰れるという私たちの希望も空しく大晦日の夕方母は旅立ってしまいました。
 悲しいブログは書きたくないという思いと、パソコンの前に座る時間が少ないのとで「書くこと」をやめていました。
 時間がある時皆様のブログを読ませていただいて心の慰めとしておりました。
でも母の家にいる時、母と語り合ったこと、一緒に見た景色など懐かしくも暖かい思い出も残りました。
実家の辺りは苺のハウス栽培が盛んで、日照時間が短くなってくるとハウスの中に「明かり」がともります。
その風景は優しく暖かいものでした。でも母はその後この風景を見ることはありませんでした。
a0234413_20164324.jpg

ふうわりと苺ハウスに灯をともし母住む村は冬となりたり

 寒い、寒いと言っているうちにいつの間にか「春」がそこまでやって来て、こちらは今、梅が盛りです・もう一月もしないうちに桜の季節ですね。先日実家に行ったときクロッカスが群れ咲いていて、なんだか元気になれそうな気がしてきました。
a0234413_20285664.jpg

あるじなき庭にも春は訪れぬ黄のクロッカス群れて咲きたり
[PR]
by tyartyan | 2015-03-02 20:34 | 花に寄せて
<< 気になる花 今年のあさがお >>