気になる花

ウォーキングの途中に気になる花の大きな木があります。
歩いている傍ではなく少し前方の小高いところに植わっているピンクと白の2本の木です。
「何の木かしら。梅だと思うけど咲くのが少し遅いし。でもスモモには早いしなぁ。それに梅にしては枝が随分のびのびしている。」しかしとても美しい姿です。「こんなところから撮ると電線が入っていい写真にならん。」と夫は言いますがそれもまた自然なのでは。
a0234413_19573899.jpg

去年までは気になりながらも通りすぎていましたが、今年思い切って傍まで行ってみました。伸び伸びと大きな木で根元にはこれまた大きな金柑の木。うらやましい。やはり八重の梅のようです。小ぶりの花がたくさん咲いています。
a0234413_2051255.jpg

「2本並んでいるから余計綺麗なんじゃな。」夫にしては珍しい発言。
どこからか母に呼ばれし心地して振り仰ぐ空満開の梅

今私たちの所では沈丁花があちこちのお庭でかおっています。うちのは私が去年あまりせわをしなかったせいか少し花が少なくてさびしい感じです。
a0234413_2013447.jpg

来年はたくさん咲いてくれるように研究しなくては。
沈丁花香り初めたる庭に立ち卒業近き孫見送りぬ
[PR]
by tyartyan | 2015-03-22 20:19 | 花に寄せて
母のいない春 >>